吉日通信

3才男子と0才女子のママが発信するゆるり系情報ブログ

家事メンパパになった元社畜サラリーマン。お陰様で家庭も円満

家事をする家族のイラスト

育休中主婦ママのキチタロウです、こんにちは!

当ブログでの出演回数は圧倒的に少ないですが、実はわが家にはめちゃくちゃ家事メンなパパがいます。(以下、家事メンパパ)

しかし第一子が生まれるまでは、ブラック企業に都合よく使われて疲弊する社畜サラリーマンでした。(⇦社畜サラリーマン時代は家での滞在時間が短すぎて話にならない)

そんな元社畜サラリーマンのカジメンパパも、今では育休中主婦ママにとって頼りになりまくる最強のパートナーになりました。

馴れ初めはこちらから (*´∀`*) てへ

 

いっぽうでこのコロナ禍のもと、おうちで過ごす時間が長くなっているのに何もしないジャマなパパたちも多いようで。

そんな仕事だけのジャマパパに対するママたちのかなり辛辣な激辛コメントが話題になっていますよね。

まだ私の周りにはいませんが、コロナ離婚なんて言葉もよく聞きます。

あなたは大丈夫ですか?

家の中のことは全てママ任せにしていませんか?

見て見ぬフリ、気がつかないフリをしていませんか?

これを機会に働き方改革だけではなく家での過ごし方改革もしてみませんか?

毎日の家事を把握してみよう

今回こうやって↓整理してよく分かったのが、家事メンパパの家事量が結構多いかもという点 ∑(゚Д゚)

でもでもでも!

乳幼児2人(⇦保育園も休園中なので…)を世話しながらの家事・育児ってなかなか思いどおりに進まないんですよ (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

本当にしたかったことには手もつけられずに1日が終わってしまう、なんてザラですし。

そんな状況なもので、存在が大きすぎて帰ってこなかったら本当にキツイそんな我が家の家事メンパパです。

我が家の家事メンパパが担当してる家事

↓ここら辺ができているパパは案外いるかも?

  • トイレ掃除
  • お風呂掃除
  • 保育園の送り

でもちょっと待ってくださいよ〜。

家事ってこれだけじゃないのですよ〜。

キッチリ担当制ってわけでもないのに家事メンパパが毎日率先してくれる家事

ゴミ出しをする人のイラスト(男性会社員)

多分家事メンパパになり切れていないパパたちは、↓こういう小さな家事が見えていないんだと思うんです。

  • 洗濯物を集めて洗濯機を回す
  • 脱水が終わった洗濯物を乾燥機に入れる
  • 乾燥機のホコリ取り
  • 洗面台の掃除
  • ゴミ出し
  • 仕事帰りの食料品や日用品の買い物
  • 美味しいカプチーノを淹れてくれる(⇦仕事がない日の朝)
  • 私が朝ごはんの食器を洗っている間にお兄ちゃんの着替えと歯磨き

数え出したらキリがない〜 ∑(゚Д゚)

ありがとう〜!

私が寝た後に家事メンパパがこっそりしてくれている家事

  • 床の拭き掃除
  • ロボット掃除機の掃除

本当にありがとう〜!

どちらか気がついた方がする家事

ここら辺は夫婦のどちらかが気がついたときにしている感じ。

チリも積もればで、↓こういう小さな家事も積もると「山」になっちゃうんです。

  • 皿洗い(家事メンパパはシンクにある食器だけではなく、お鍋に残ったものを容器に移してお鍋を洗ってくれるまでになりました!⇦これ実は結構助かる)
  • 食器乾燥機に放置されている前回洗った食器の片付け
  • 布団の上げ下ろし
  • シーツをつける
  • 赤ちゃんのオムツ交換
  • 赤ちゃんが泣き出したらあやす
  • お兄ちゃんのトイレの付き添い
  • お兄ちゃんが布団からはみ出していたら掛け布団をかける
  • お兄ちゃんの食事の介添え
  • お兄ちゃんの遊び相手

めちゃくちゃ助かってます〜、ありがとう〜!

家事メンパパにもお願いしたらしてくれる家事

f:id:Kichiji2:20200509040737p:image

  • 料理または食事の買い出し
  • 第二子妊娠中でゴロゴロしたい時にお兄ちゃんと2人で家事メンパパの実家に泊まりがけで帰省

大方どんな家事でもつつがなくこなす家事メンパパですが、唯一料理だけはとても消極的。

本人は「レパートリーも少ないしぃ〜」とヘッピリゴシ気味ですが、ハッキリ言って作ってもらえるならなんでもありがたい (*´∀`*)

また料理の面倒臭さを本人自身がよく分かっているからこそ、料理イマイチ育休中主婦ママがソウメンをゆがいただけでも感謝してくれるところがありがたい… ♪( ´▽`)

わたしにしかできない家事…

  • 授乳
  • 洗濯物を畳んで所定の場所にしまう(⇦わたし好みの畳み方でわたし好みのしまい方が求められるので… )
  • カジメンパパが不在中の家事や育児
  • 毎日の食事の支度
  • 平日日中の食料品の買い出し

こここ、こんだけ〜! ∑(゚Д゚)

だからと言って、家事メンパパが家事をしてくれている横でにわたしがゴロゴロしていると言うわけではないですよ!

何かしらはやっているんです。

だって、自分は家のことをしているときに横で趣味だの自分のことばかりされたらいい気持ちしないじゃないですか。

ただ夫婦二人ですると本当に早い

わが家の家事メンパパ

洗濯カゴのイラスト

どうやって家事メンパパになったのか(ここはママに読んで欲しい)

私(妻)は嫌な思いをしながらガマンしてやっちゃうよりは、はっきりお願いしちゃうタイプ。

なので伝わりやすかったのも良かったのかも。

女性って察して欲しい人が多いじゃないですか Σ(-᷅_-᷄๑) ⇦でもこれ難しいですよ。

察してもらえずにムカムカしているよりは思っていることを口に出して伝えた方がお互いスッキリできますって!

そして家事メンパパがしてくれた時には感謝の気持ちを口に出して言うようにしています。

「〇〇してくれてありがとう!」「△が綺麗になってた、ありがとう」とか。

聞こえていなかったら聞こえるようにボリュームを上げてわざわざ言い直します。

だって、自分も言われた方が嬉しいもんね。

パパの性格による部分も大きいので、絶対にどのご家庭でも通用する!とは言い切れませんが。

そこはママがバレないように上手にパパのことを手のひらで転がすというか、舵をとれるようになった方が良いですね。

実家ではキングな家事メンパパ

f:id:Kichiji2:20200509044825p:image

わが家の自慢の家事メンパパですが、驚くことに、義理実家(家事メンパパの実家)に帰るとお義母さんを手伝うことも一切なくドデーンと座っているだけなんです ∑(゚Д゚)

そのとてつもなく偉そうな姿をわたしは「キング」と呼んでいますが、もともと家事手伝いを一切求められずに育ったんですって。

へぇー。

大学生で一人暮らしを始めてやっと必要に駆られて少しずつ練習をしたと。

家事スキルを身につける一人暮らし経験って本当に大事だなとつくづく感じますよね。(もちろん一人暮らししなくてもちゃんとできる人も中に入ると思いますが!)

話がずれましたが何が言いたかったかというと、、、

家事をやらずに育った人でも本人の気持ち次第でできるようになりますから!

それを言い訳に逃げちゃダメですから!

本当に典型的な社畜サラリーマンだった

f:id:Kichiji2:20200509044917p:image

わが家の家事メンパパも元はといえば日本社会に永く蔓延る(はびこる)典型的な社畜サラリーマンでした (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

連日終電でヘロヘロになりながら帰宅する生活。

それが第一子誕生の時期に一念発起して、連日終電ライフが当たり前の超ブラックから、給料は下がるけど就寝前の子供に会える時間に帰宅できるグレー企業に転職してくれたんです。

私が里帰りを終えて自宅に帰ってきた時は既に無職で、育児の超初心者二人が力を合わせて家事に育児に奔走しました。

第一子が生後半年になるくらいで新しい職場に就職しましたが、夫婦の絆が深まった大事な時期になりました。

家事メンパパが家事や育児の大変さを理解してくれているのは、もちろん彼の性格ということもあるかもですが、この時期があったからなんじゃないかと思います。

亀の歩みほどのスピードで政府が男性の育休取得率を上げるべく取り組んでるみたいですが、男性育休取得の素晴らしさとその効果が早く皆さんに理解されるといいな

ちなみにここまで熱弁していてなんですが…

今度のグレー企業は男性育休の理解度ゼロなドメドメ中小企業だったので残念ながら育休は無理でした。

なんだよー、やっぱり男性の育休取得の環境整備なんて全然進んでないじゃないかー (−_−;)

(ドメドメ=超日系企業。語源はドメスティック)

家事メンパパは早く帰ってきてくれるだけでも助かる〜

わが家の家事メンパパは新型コロナ対策の一環で今は18時頃に帰ってきてくれます。⇦本当はテレワークでも十分対応可能な業務なのに、グレー企業は何事に関しても対応ができなすぎるー! (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

20時消灯目標のわが家ではこの時間帯が一番バタバタしているので、本当にありがたい!!

私が一人でやっていたことを二人でできるんですから。

1時間でも2時間でも早く帰って一緒に片付けてくれるだけで、ママは本当に助かるんですよ。

コロナ問題が収束しても是非このルーティンだけは続けさせてもらいたいなと心から願っております。

世の中の主婦を勝手に代表して、未来の家事メンパパへのアドバイス

f:id:Kichiji2:20200509044436p:image

主婦だって家事を手伝って欲しいに決まっている

主婦をしたことがない人は理解しにくいと思うんですが、主婦って家にいる時間が長いわりにコーヒーを飲みながら新聞をじっくり読む時間が取れないほど忙しかったりするんです。

(私の場合、ブログは授乳中にコツコツ書くことが多いかな。)

なので、よく耳にする「夫が手伝うと余計な仕事が増えるからやめてほしい」いう気持ちがあったとしても、実際に家事の負担が減って嬉しくないママなんていないと思いますよ。

家事減らして欲しいんです!

自分の時間が欲しいんです!

だから、家事を一緒にして欲しいんです!

もし現時点で本当に何もしないパパだったら、まずはささいなことからさりげなくしてみるというのはどうでしょう。

トイレを使った後についでに掃除もしちゃうとか。

シンクにお皿があったらさらっと洗っちゃうとか。

いきなり高いハードルを設置するのではなくて、ささいなところからステップアップした方が簡単かも。

また家事そのものではなくても、美味しいコーヒーを二人分淹れてみるとか、「いつもありがとう」と口に出して言いながらママの肩を揉んでみるとか、心のサポートからでも喜ばれると思います。

「やってやる」「やってあげる」は言わないほうがいい!

お風呂洗ってあげる、掃除してあげる、子供にご飯食べさせてあげる、オムツ替えてあげる、、、(以下省略)

「やってあげる」が気にならないママたちも中に入るかもしれませんが、気になるママのほうが多いんじゃないかな。

夫婦はチームです!

助け合い精神が大事。

「食器洗っておいたよ〜」という報告はしても「食器洗っておいてあげたよ」という恩着せがましい言い方はしない方が無難。

心でそう思っても、そこはぐっとこらえましょう!

自分がやりたくないことは相手もやりたくないことかもしれない

f:id:Kichiji2:20200509044457p:image

キライな家事でもやっていれば慣れてきますが、やはり好き嫌いや向き不向きがありますよね〜。

また、自分がやりたくないことは相手もやりたくないことかもしれないですよ。

毎日嫌々するのは誰のためにならないですし、どうにかしてしなくても済む方法を考えるのはこのご時世ありでしょう。

わが家は衣類乾燥機やお掃除ロボの導入など便利な電化製品に頼ることにしています。

最近では家事代行サービスも話題ですよね。

作り置き分までお料理をしてくれるサービスははかなり興味があるので、今後お願いする機会があったらまたレポートさせてもらいます〜 (*´∀`*)

家事メンパパは最強のパートナーな話のまとめ

パパが全く家事に関与しなくてもママが本気でハッピーな家庭もゼロではないかもしれませんが、そうではないケースの方が圧倒的大多数ですよね〜(⇦キチタロウ調べ)

共働き家庭でもそうでない家庭でもです。

自分は外で仕事してるし、

仕事で疲れてるし、

早く帰れないし、

家事は苦手だし、

やったところでどうせ怒られるし、

なんて思ってるパパたち!

ちょっと気持ちを切り替えて、家での過ごし方改革をしてみませんか?

きっと家族みんなにとって過ごしやすい居心地の良い家ができあがるでしょう!

 

では今日も健康に楽しく過ごしましょう〜 ♪( ´▽`)

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村